2008年05月22日

秋の収穫イベントに向けて、準備しています。

080522-150823.jpg

サポーターの人達が 汗かきながら 頑張ってます。

“是非 秋の実りの時期にお越し下さい!”


at 17:40│コメント(0)08近況情報 │

2008年05月18日

今週末、多少のにわか雨がありましたが、緑も深まりキャンプ日和となっています。
今回も皆さんにお越し頂き、ありがとうございました。

080518-114427.jpg

バンガローでグラス片手にのんびり 過ごされたでしょうか
リョウ君も楽しかったかな
近場の穴場としてまた来て下さい


080518-115429.jpg

どうでしたか? 夜はちょっと寒かったかな?
でもみんな 笑って ハィチーズ !夏は川遊びに来てください!


at 21:34│コメント(0)08足跡(アルバム) │

2008年05月17日

 かん吉さんから5月連休中の思い出画像が届きましたのでUPします。

conv0037.jpg

↑ジャブジャブ池の様子


conv0069.jpg

↑サーカス学校生の大道芸、パフォーマンスショー


conv0078.jpg

↑楽しかった抽選会


 かん吉さん、ありがとうございました!

at 21:04│コメント(0)08足跡(アルバム) │

2008年05月15日

 管理人のネガミヤです。

ゴールデンウィークも終わり、ここ「そうり」は静かですが、ちょっと淋しい気がします。

のんびりキャンプを楽しみたい方、お越し下さい。

また今年も、マス釣り大会、お祭りイベント、秋の収穫祭など考えています。

PS.6月末には梅の実が取り放題です!

80515jpg.jpg

写りがわるくて m(__)m
イベントでサーカスや抽選会の風景です 今年も沢山のファミリーの皆さんに 来て頂き ありがとうございました。
080515-090540.jpg

栃木県から来てくれた ファミリーです。
これも 写りが悪くてごめんなさい〓
また来てくださいね待ってます。

at 22:58│コメント(0)08近況情報 │

2008年04月13日

NACCの大型キャンピングカー軍団の皆さんです。

804131.jpg

804132.jpg

今度は プライベートでも来てください。

at 18:26│コメント(2)08足跡(アルバム) │

2008年04月12日

満開は桜ではなく、梅の花です。
沢入の桜は5厘咲き、やっと開花しました。

804121.jpg


NACCの皆さん、毎年恒例の花見会です。
お天気にも恵まれ、とても楽しそうですね^^

804122.jpg


at 18:46│コメント(0)08足跡(アルバム) │

2008年04月08日

 4月8日(火)雨です。
気温は13℃、少し肌寒いです。

桜はまだ咲いていません!
今週末にNACCの皆さんが、桜の開花に合わせて来てくれる予定ですが、一週間早いかな?
19日(土)辺りが満開かと思います。

<ゴールデンウィークの予約状況です。>

●オートテントサイト 5月の3日と5日の一泊可
●トレーラーサイト  連泊可
●ACなしのサイト   連泊可 
●バンガローハウス  5日可
●トレーラーハウス  連泊可


※連休中のオートテントサイトは、予約順調で連泊不可となっていますが、4月25日頃、(キャンセルにより)オートテントサイト連泊をゲットするチャンスがあるかも!?
思い切って電話して下さい!


以上です。
電話まってま~す。

(ネガさん^^情報でした。)

at 08:11│コメント(0)08近況情報 │

2008年04月01日

 「ファミリーオートキャンプ場そうり」管理人の「ネガさん」こと、ネガミヤです。

待ちに待ったキャンプシーズンが来て、今日から当キャンプ場もいよいよオープンとなりました。

この辺り、桜の見頃は4月中旬頃(12日~20日頃)です。

そして、ゴールデンウィークのご予約状況は、順調に予約が入っていますが、まだまだ充分に希望が入れられます。

今年も皆さんのお越しを笑顔でお迎え致しますので、遠慮なくご予約の電話を入れて下さい^^。

fc04011.jpg

それでは、お電話おまちしていま~す。


at 22:52│コメント(0)08近況情報 │

2007年12月03日

  こんにちは、管理人のネガミヤです。

みなさん、今シーズンのありがたいご利用を、誠にありがとうございました。

当キャンプ場は、12月から来年3月までオフシーズンとなりますが、3月からご予約受け付けとなり、ネガミヤが電話の前でお待ちしていますので、ご予約下さい。

来年はまた、今年以上に頑張るつもりでいます。
そして、イベントの企画なども考えていますので、ぜひお越し下さい。


71203n.jpg

今シーズンお越し下さったお客様から、ありがたいお便りも頂き感激しています。
みなさん、また来年お会いしましょう^^


at 22:39│コメント(0)お知らせ・ニュース │

2007年11月28日

-連載- 家づくりコラム 本物の木の家を見分ける 」006

  「“木の家”といっても色々?」

ここ数年来自然素材が一つのブームのようで、一般の工務店から大手のハウスメーカーまでが「木の家」を売り物にして、お客さんの関心を引きつけているようです。
構造材にホワイトウッドやベイマツを使い、大壁造のビニールクロス仕上げの家でも、一応は木造であるわけで、ハウスメーカーにおいては、構造がプレハブや鉄骨で、内装仕上げに薄っぺらな木を貼り付けた壁や枠を使っただけの「木もどき」の物さえもあり、木の家といっても内容は様々です。

 まず最初は「内装材」
「無垢の木」の使用で一番多いのが、内装材として壁板や床板ですが、良く聞く定番の材では「パイン材」があり、床にも壁にも使われ、ツーバイ材などにもよく使われている、比較的安価な外国産木材です。
このパイン材で気を付けなければならないのが、防腐剤を浸み込ませた板で、健康を害する恐れがあり、これらの防腐剤注入板は燃やしてみれば異様な煙が出ますので、その正体が分かります。

国産の木材では、檜やカラマツの床板、杉やサワラの羽目板などで、杉は床にも壁にも使われている日本の代表的な木材です。

無垢の床板・壁板と、ここで更に注意しなければならない点ですが、無垢の木の良いところは「木材は呼吸していて湿気を吸ったり吐いたりの調湿効果がある」ことなのですが、その木材の表面をウレタン塗装などの処理をしてしまい、折角の呼吸を閉じて見た目だけの木材にしてしまう事です。
ここは無塗装が嫌ならば、浸透性の有るオイルフィニッシュやワックス処理で、木材の良いところを残して欲しいものです。

 次に「構造材」
構造材で一番多いのは、梁・桁ではベイマツ、柱ではベイツガやホワイトウッドの集成材なのでしょうが、やはりここでも流通の主役は外国産木材のようです。

しかしこれらの木材は、壁・天井が張られてしまうとすべて見えなくなってしまうのが多く一般の造り方で、壁の中では当然木が見えなくて、活きているのか腐りかけているのかさえも確認できないのです。

ここには木目の美しい日本の杉や檜を使い、せめて内部だけでも真壁の構造材現し(あらわし)にして、木の美しさを眺めると同時に、構造材の活きている確かさを確認していきたいものです。
そして柱の太さも4寸(120mm)角以上の骨太の材料で、長持ちする財産価値の高いい住まいが、これからは必要とされるでしょう。

 最後に「木の出所があきらかな事」
食品の安心・安全が叫ばれていますが、木材においても「国産材」と「外国産材」の違いは勿論、“地産地消の顔の見える安心な木材”であることは、とても重要な事と考えています。
地域の気候風土で育った木材がその地域の家に一番適していることは基より、「地域循環」の家づくりの仕組みが地域の経済を支え、持続可能な社会へと結びつく事と思います。

地場の木材・職人・産業を使うことで国土の保全、温暖化の抑制、丈夫な家、健康な住まい、地域経済の活性・・・と、すべてが好循環となっていきます。



drecom_souri_facdrecom_souri_fac at 00:37│